Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるり お気に入りアルバム②

前回の続きです。勢い余ってベスト3のうちひとつしか紹介できなかったので反省しています。後悔もしています。


冗談はさておき、2位です。すごく考えたのでぜひ最後まで読んでください。


第2位 11th「THE PIER」(2014)

61jx35OB0KL.jpg


1.2034
2.日本海
3.浜辺にて
4.ロックンロール・ハネムーン
5.Liberty&Gravity
6.しゃぼんがぼんぼん
7.loveless
8.Remember me
9.遥かなるリスボン
10.Brose&Butter
11.Amamoyo
12.最後のメリークリスマス
13.メェメェ
14.There is (always light)


現在のくるりとしては最も新しいオリジナルフルアルバムです。3位で紹介したアンテナから10年の時を経て、メンバーもオリジナルメンバー二人にトランペットのファンファンを加えた三人体制なので、単純に聞き比べると同じアーティストとは思えないほど変化しています。

その都度やりたいこと、目指す方向性に合わせてメンバーや音楽性を変化させてきたくるりですが、今回のテーマはズバリワールドミュージック。世界の民族音楽からヒントを得たテンポ感やリズムパターン、メロディを取り入れまるで世界旅行をしているような気分になります。最高の最高です。PIERとは桟橋のことで、ジャケットも桟橋の写真が使われています。

くるりは旅のお供に最高のバンドです。好きな理由の一つです。そういった意味でも、このアルバムは現時点でのくるりの最高傑作であると言えると思います。
 

ハイファイで様々な楽器がスキマを埋めるように使われ、アレンジのクオリティも高いです。音量も今までと比べ少し大きめで、聴いているだけでわくわくします。特に洗練されたメロディラインはこのアルバム最大の魅力と言っていいでしょう。


ただこの洗練されたハイクオリティな部分で、初期のよりオルタナティブなくるりがすきなファン(私はこれも十分オルタナティブだと思います)からは賛否の分かれるところらしいです。理解はできます。


確かにパッとこのアルバムを出され聴いた時、11枚のうちベスト3に入れるのはハードルが高いでしょう。



しかし素直になってください。世界の音楽をこれだけ分かりやすく、伝わりやすく、日本の音楽に落とし込むことがどれほどすごいことか。また、初期ああいう音楽を奏でていた人たちがキャリアを経てたどり着いた一つの答えが「THE PIER」であると。


なんでもそうですが物事には文脈というものがあります。それを知っているとまた違った聴き方ができると思います。


おすすめは全曲。シャッフルせずに聴いてください。旅には順序があります。#1 2026から#2 日本海への流れはえげつないです。







すみません。しんどいのでトップはまた今度・・・・・・



陰と陽

皆さんはどっちですか。ウェイ、それとも陰キャラ(インキャ)でしたか。その陰と陽です。



私は小学生時代ガキ大将でした。たぶん。目立つのが大好きでした。委員長とか児童会とかもやりました。誰とでも話せました。


中学で嫌いな奴、苦手な奴が出来ました。「こいつとはかかわりたくないな」みたいなのも増えましたが、目立っている人、輝いている人とは何らかのかかわりを持っていたい、と思ってました。相変わらず目立ちたかった。自覚はないですがステータスってやつでしょうか。


高校入学のタイミングでは、それを意識した状態(同じ中学の知り合いが少なかったのもありますが)で、友人つくり、居場所、立場確保に躍起になりました。裏腹に心はどんどんやりにくさを感じていきました。しかし高校一年生は中学生の延長みたいなところもありました。


高校二年生のクラスは、他クラスからの羨望の的となるほど美男美女、天才ぞろいの最強クラスでした。最強でした。ヒエラルキーの二番手ぐらいで丁度いい「ウェイ」で好きでした。必死にしがみつきました。ただ私の中に芽生えていた反骨精神、クラスが仲良くなっていけばいくほどより表面的に、外面を過度に意識し、「薄っぺらい」人間性に侵されていくことへの限界が訪れ、友人の助けもあり私はやめました。しがみつくことを辞め、「ウェイ」を廃し、ヒエラルキーを降りてでも「自分」に正直になることを選択しました。何の自慢でもなくただ、私は本当に取り繕うのが苦手で、嘘をつくのがしんどくてしょうがなかったのです。昼休みにトランプをし、漫画を貸し借りし、クラス会を盛り立てる自分が「嘘」であると気づいてしまった。


私の陽との決別は高校二年生です。


受験も手助けして大学時代は、陰で過ごしました。自分を偽ることもなく、いわゆる「こじらせた」人との交流は刺激的でした。陽とのかかわりは完全に絶ち、陽を拒絶し、見下していた部分もあったと思います。


何せ陽と決別した私は部活・サークルの面でも高校までの運動部から文化系である軽音、さらにサークルではなく部へと、陽成分をできるだけ減らす方向に鞍替えし、介在する余地すら与えませんでしたから。


安寧の地での三年間は非常に快適でした。似た価値観を持った人たちと互いをほめあい、周りをけなし、ナショナリズムを掲げ続けました。


しかし、部活を引退し、大学四年生での就職活動は私に並々ならぬショックを与えました。



閉鎖的ななれ合い関係を三年経た私は、独りよがりの自己中心的卑屈野郎になっていました。頭ごなしに陽を否定し息のしやすい狭く暗い部屋で惰眠を貪っていただけだったのです。色々と取り返しのつかないことになっていたのです。当然就職活動はうまくいきませんでした。



陰と陽は、お互いに相手を見下していることが多いです。いじめの構図が陽→陰であることなど、顕在化しやすいため一方的なものだと思われがちですが、それは属性の問題です。大雑把に言うと陽は肉体的、陰は精神的にアプローチします。いじめの原因が身体的な理由であることや、部活の種類にも関連性を見出すことが出来ます。


陽にも「わかってる」奴はたくさんいるし、陰にも立場の低さをすべて人のせいにして自己陶酔に陥っている人がたくさんいます。大学時代の自分はまさにそうだった気がします。


言いたいことは、どちらにせよ、一方から他方を頭ごなしに批判し、自分はただその環境に甘んじている奴が一番ダサいということです。


何が役に立つのか、何に価値が置かれるのかはその時代とそこに生きる人々によって日々変化していきます。その価値の軸を見極め、創造していくことが大事だと思います。


例として私の学生時代について書きましたが、同じような人はたくさんいると思います、何はともあれ、自分が陰と陽どちらであるかどうかは関係なく、変化を恐れて自分の信じる価値の軸にだらだらしがみついてないか考えてみてもいいと思います。


説教できる身分ではない私からの提言ですので、軽く流してくれると幸いです。


ほんとうに余計なお世話ですね。






くるり お気に入りアルバム①

以前紹介した私のもっとも大好きなバンド、くるりについての記事を書きます。そもそもこれがやりたくてブログを再開したと言っても過言ではありません。正直真面目な理由は言い訳程度です。


一つ最初に述べておくとするならばこれはいわゆる「おすすめ記事」ではないということです。ただただ私の主観的で片道通行の思いをひけらかす自慰行為であります。ので、読む方がくるりやその他のバンドに対してどの程度予備知識を持っているかなどは考慮に入れていません。


具体的には、「どの曲から聞くとよい」的な聞きやすさなどは判断基準にはないのでご容赦を。まあこんなブログ自体自己満足ですしたとえ私におすすめされてもそれがどうしたんだという話ですが。



しかし、ただ単にこの記事を理解するために最低限必要な知識があります。


それはこのくるりというロックバンドの大きな魅力である、アルバムごとにその音楽性を変化させ、それを不変のメロディーセンスで「くるり」という装置に落とし込むということです。



ハウスにジャズ、UKロックにクラシック、サイケからフォーク。レコーディングも京都からオーストリア等世界各地で。まさに「とどまること」をしないバンドの音楽性、いや精神性が、聴いた私たちを旅へと誘います。しばしば取り沙汰されるメンバーチェンジも、音楽に身を任せ旅に出るくるりにとって必要不可欠なものなのです。


そんなわけで、同じくるりファンといえど「傑作」は千差万別。そもそもおすすめ自体ナンセンスです。


では私の好きなアルバムベスト3を紹介したいと思います。




第3位 5th「アンテナ」(2004)

anntena.jpg

1 グッドモーニング
2 Morning Paper
3 Race
4 ロックンロール
5 Hometown
6 花火
7 黒い扉
8 花の水鉄砲
9 バンドワゴン 
10 How To Go 〈Timeless〉


正直常に1位にとって代わる可能性を秘めたアルバムです。打ち込みに傾倒しハウスやテクノ、サイケ色の濃かった3、4枚目から一転、アナログレコーディングでバンドサウンドへの原点回帰、おそらくファンからの人気も高い5枚目。


なんといってもこのアルバム、この時期のくるりの魅力はその「フィジカル」の強さ。鬼グルーヴ。それを支えていたのがアメリカ人ドラマー、クリストファーマグワイアです。


どれほどのものか、ライブを見れば一目瞭然です。





こんなライブ観たら、ロックバンドに憧れる人は虜になりますよ。印象的なフィルインは、クリストファーのジャズドラマーとしての手癖がエッセンスとなって唯一無二の存在感であります。


とにもかくにもかっこいい曲ばかり。最後のHOW TO GOは当時日本のバンドシーンを支えていた盟友NUMBER GIRL、スーパーカーが相次いでいなくなり、その責務を一挙に背負うこととなったくるりの不安と、それでも前を向いて進んでいく決意のようなものがビシビシと伝わります。




冒頭

昨日の今日からは 一味二味違うんだぜ


またラスサビの冒頭


いつかは想像を超える日が待っているのだろう


とか、このへん特に沁みます。少しの不安と、それをかき消そうと強がっているかのように言い放つ言葉。根拠のない自信。大名曲です(サウンド的にはシングルver.の方が好きなのですが)。


そして#4 ロックンロールも流石の大名曲。これもギターソロのないシンプルな構成の曲なのですが。リフも歌詞も本当に好きです。ちなみにHOW TO GO→ロックンロールの流れで聴くとロックンロールがさらに3倍よくなることを日本で最初に発見したのは私です。





たった一かけらの勇気があれば ほんとうのやさしさがあれば
あなたを思う本当の心があれば 僕はすべてを失えるんだ




平易な、ある意味幼稚なこの歌詞が妙に心を揺さぶるのです。歌詞を調べてこの部分にひらがなが多用されてることにも気づきます。


私の解釈では、これは大切な友を失った人が、迷い苦しみながら、しかし現実に自分は生きてしまっていることのやるせなさを歌っていると思います。一緒に天国に行けたらどんなに楽か。でも自分にはそんな勇気はなくて、今日ものうのうとこの世界を生きてしまっていて、「また明日」なんて言ってしまっている。


29歳という若さで死んでしまったバンド フジファブリックのボーカル志村正彦に向けて、岸田繁がこの曲を弾き語りしたというエピソードからも、くるりと同様フジファブリックのファンである私には涙なしでは語れません。



とまあこんな感じで「最強」のアルバムであることは間違いないです。優劣の話ではないんですがアジカンの「ソルファ」が同じタイミングで出たことを踏まえ横の時間軸としても非常に興味深い。



まだまだ語りつくせないですが十分長引いてしまい終わらないのでこの辺で。1位と2位は別で書きます。

ぽっちゃりおねいさん

負のループというのは確かに存在する。私の意味するところでは、精神的に落ち込んでいるときにやる気が起きなくなり、それがさらに状況を悪化させるというものである。

より正確なニュアンスでいえば、精神的に参っているときにはその辺をしっかりやれば少し回復できる。わりとこの話は分かる人が多いのではないだろうか。


ここ数日いろいろあってループに落ちそうなところを綱渡りしていたが、天候の悪化で足を滑らせ「ループ」に落ちてしまっていた。二日ほど無駄にした後どうしても外に出る用事があったため外に出て、それきっかけで異常にたまった洗濯物も干し、伸びていた髪を切ろうと美容院へ出向いた。


その美容院はまだ三回目で、今日も全く初見の人に切ってもらうことになった。


少しぽっちゃりしていて、私が言うのもなんだがあまりお洒落ではなさそうな身なりをしている若い女の人だった。


ひょんなことから人生の話になった。ちょうど岐路にいて悩む私は思い切って質問した。





「お姉さんはどうして美容師になったんですか?」


「んーー流れかな。」





お察しのとおりこの方ずいぶんとサバサバしている。でもおしゃべりは嫌いではないようで、淡々と話し始めた。



聞くところによると現在26歳のお姉さんは学生時代バスケ一筋。周りの影響でバスケで大学進学をもくろみ情熱を注いでいたが、三年生で靭帯を切ってしまったらしい。





「いやーー私のバスケ人生終わったと思いました。」




そりゃそうなんだけど、この方は切り替えがえげつなくうまいらしい。





「大学には行きたかったんですけど、バスケしかやってこなかったから正直金積んでいいとこ三流私立に行けるかいけないかだなーと思って。さすがにそれは意味ないし親に迷惑かけるだけだと思ったので、身になってかつもう少し学生出来るのって何かなーと、美容学校やってなりました。」






面食らった。発想は別に特異なものではないけど、高3でそこまで考えて行動に移せるのかと。めちゃしっかりしている。


それに引き換え私は右も左もわからずレールに乗ったまま、自分の将来についてこの歳まで考えるのを放棄してきたツケが回ってきての凹み期だったのに。なんて情けないのだろうか。





「兄貴が30過ぎてもフワフワしてるんでこの前説教しました。反面教師的な感じですね。」





やられた。私は長子だ。下の弟妹が私を反面教師にしっかりしてくれることを切に願い今生はおわりにしようか。





「うーん。別にすごくないですよ。考えてない人がほとんどじゃないですか。遅いも早いもありませんよ。人生選択肢は一つ二つじゃありませんから。むしろ大学行かれてるのがうらやましいです。」






論破された。もちろん相手にそんなつもりは毛頭ないしむしろ失礼かもしれないが完全に敗北した。大学に行ったってこんな考えなしのちゃらんぽらんになったら意味ないし、自分がボケている間に社会に出て自立しているぽっちゃりおねいさんがあまりにも眩しく見えた。




「旦那さんが出来ても働きたいですね。だって今や50%の人が離婚するんですよね。自分で生きるす術見つけとかないとどうなるかわからないんで。よく友達に冷めてるって言われます。」


「楽しいことをやらなきゃもったいないでしょ。人生短いし。いやな仕事はやめたらいいんですよ。こんだけ働いてるの日本だけですし。なんでそんだけして辞めたらあかんねん。仕事が楽しいのが一番ですね。今は仕事楽しいです、だから楽しいうちに頑張って働こう思って」




名言生産工場だ。心の中で思わず突っ込みを入れた。こんなタイミングでこんな話ができるとは、不思議な縁である。


うちに帰ってシャワーを浴びた。洗濯物もいつの間にか乾いている。髪もさっぱりした。頭の中も少しだけ、すっきりした。


ヲタク

映画って好きですか?という問い。


まああんまり嫌いな人はいないですよね。見たことないなんて人もきっといないでしょう。誰もが思い出の映画の一つや二つあるものです。


ただ、アトラクションとして映画を消費する人が大半ですよね。コンテンツとして能動的に映画を摂取し語れる「映画好き」はいますか?


大学時代、気づくと周りには「映画好き」ばかりでした。 気づいた時にはもう遅かった。


当初私は映画は好きではないからあまり見ない、としていました。それは本当です。


人より脳の情報処理速度が遅いというか、もっと正確に言えば入り口が狭いんですよね。ゆっくり入れないとすぐにパンクしてしまう。消化も遅い。ちなみに胃の消化もほんとに遅い。


映画はとにかく情報が多いんです。あと情報が入ってくるスピードのイニシアチブをとれない。役者の演技、そもそもの脚本(ストーリ)とその背景、セリフとその口調や撮影技術、そんでもって音楽まで。かといってその意図を汲もうと考える暇は与えてくれない。見ている人なんかほったらかしです。私のような人間は。


それゆえに説明的。私にしてみれば。もちろんほのめかしてはいるけれど、それこそ原作がある映画なんか、さっき挙げた通り情報の絶対数が多いんだから、原作と比較すると必ずより説明的になりますよね。これはしょうがない。でもだから、そことの齟齬が起こるんじゃないですか。


そもそも同じ話を違う人が作るって変な感じですよね。まあでもこの辺は難しいところで一概に否定はできませんが。


私は次元を落とした原作の方が好きです。頭の中で、自分監督で映画化してる気もします。




とは言ってみたものの、何も知らずそんなことを言うのは説得力に欠けるな、と思い「映画好き」を始めてみることに。


その際大活躍だったのが「Filmarks」というスマホアプリ。やってる方も多いかと。

aaa.jpg

大体の映画が検索でき、映画ごとにユーザーのレビューと採点が見れるという単純なつくりですが、TLは戦。用途を映画に絞ったSNSだからそうなるのも当然。センスの誇示、の応酬。(穿りすぎ)


なるほど。みんなここで切磋琢磨していたのか。からくりさえわかれば、と意気揚々とスタート。


とりあえずレビューの高い大名作を一通り見て足掛かりをつかもうといくつか借りて鑑賞。


近所のゲオでたまたま目に留まったのが「トレインスポッティング」。完全に選曲で決めた。


我ながら本当の意味での「映画好き」デビュー作がトレインスポッティングとはやるな、と自画自賛しているところです。なにこれ、めっちゃ面白いじゃん。と。


他の人のレビュー見ても、案外評価はまちまち。当たり前だけど。過激描写の耐性が強いことにも気づいた。それは次に見たキューブリックの「時計じかけのオレンジ」で確信に変わった。


あれ、案外いけるぞ。しかも映画って面白いやつは流石に面白いわ。単純な思考でした。



あとは映画に造詣が深くないことを言い訳にせずしっかりレビューを書くようにしたことは我ながら見事だ。とまた自画自賛。


勢いがついてさらに10作くらい見た。ついに映画にも進出だ―!



・・・・しかしある程度観て調子に乗った私はいったん小休止。そしてよくよく友人たちの記録を見ていると、Filmarksをやっている人全員が私の二倍近く映画を観ていること、当然私の観たものはとっくに鑑賞済み。極めつけは、Filmarksをやっていない、私が「勝っている」と思い込んでいた友人のアイコンが、「時計仕掛けのオレンジ」だったと、気づいた。だいぶ前からだ。



みんな一体いつの間に。どこにそんなモチベーションが。


私が映画についてたらたらと御託を並べていた間に、ずいぶんと距離をあけられていたことを知る、このむなしさ。


「無知の知」を座右の銘に掲げる筆者にあるまじき失態。えげつなくダサい。


その時偶然にも、あるツイートが目にはいった。


「ヲタクというのは保守的なところはとことん保守的で、要するに視野が物凄く狭い。面白いのは、というか面白がってもしょうがないけど、彼らは自分たちが深いと思っているので、=詳しいと思っていて、自らの狭さに無自覚なんだわね。」


ガシーンときた。自分ではないか。まるっきりこれじゃん。ヲタクじゃん。


頭ごなしに、否定的に「ヲタク」ということばを使っているわけじゃない。アイドルヲタクをどっぷり二年間経験した私であるので一次的な偏見はない。むしろ経験したからこそ、そのうえでの「よくないヲタク」の一面がこれだ。わかっていたはずなのに。


改めねば。「無知の知」でもって、謙虚に映画と向き合あおう。そう誓ったのだった。


Appendix

検索フォーム

プロフィール

人生

Author:人生
サイケデリックでフォーキーな音楽が好きです。

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。