Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikukorokke.blog118.fc2.com/tb.php/12-3d4fe60d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

陰と陽

皆さんはどっちですか。ウェイ、それとも陰キャラ(インキャ)でしたか。その陰と陽です。



私は小学生時代ガキ大将でした。たぶん。目立つのが大好きでした。委員長とか児童会とかもやりました。誰とでも話せました。


中学で嫌いな奴、苦手な奴が出来ました。「こいつとはかかわりたくないな」みたいなのも増えましたが、目立っている人、輝いている人とは何らかのかかわりを持っていたい、と思ってました。相変わらず目立ちたかった。自覚はないですがステータスってやつでしょうか。


高校入学のタイミングでは、それを意識した状態(同じ中学の知り合いが少なかったのもありますが)で、友人つくり、居場所、立場確保に躍起になりました。裏腹に心はどんどんやりにくさを感じていきました。しかし高校一年生は中学生の延長みたいなところもありました。


高校二年生のクラスは、他クラスからの羨望の的となるほど美男美女、天才ぞろいの最強クラスでした。最強でした。ヒエラルキーの二番手ぐらいで丁度いい「ウェイ」で好きでした。必死にしがみつきました。ただ私の中に芽生えていた反骨精神、クラスが仲良くなっていけばいくほどより表面的に、外面を過度に意識し、「薄っぺらい」人間性に侵されていくことへの限界が訪れ、友人の助けもあり私はやめました。しがみつくことを辞め、「ウェイ」を廃し、ヒエラルキーを降りてでも「自分」に正直になることを選択しました。何の自慢でもなくただ、私は本当に取り繕うのが苦手で、嘘をつくのがしんどくてしょうがなかったのです。昼休みにトランプをし、漫画を貸し借りし、クラス会を盛り立てる自分が「嘘」であると気づいてしまった。


私の陽との決別は高校二年生です。


受験も手助けして大学時代は、陰で過ごしました。自分を偽ることもなく、いわゆる「こじらせた」人との交流は刺激的でした。陽とのかかわりは完全に絶ち、陽を拒絶し、見下していた部分もあったと思います。


何せ陽と決別した私は部活・サークルの面でも高校までの運動部から文化系である軽音、さらにサークルではなく部へと、陽成分をできるだけ減らす方向に鞍替えし、介在する余地すら与えませんでしたから。


安寧の地での三年間は非常に快適でした。似た価値観を持った人たちと互いをほめあい、周りをけなし、ナショナリズムを掲げ続けました。


しかし、部活を引退し、大学四年生での就職活動は私に並々ならぬショックを与えました。



閉鎖的ななれ合い関係を三年経た私は、独りよがりの自己中心的卑屈野郎になっていました。頭ごなしに陽を否定し息のしやすい狭く暗い部屋で惰眠を貪っていただけだったのです。色々と取り返しのつかないことになっていたのです。当然就職活動はうまくいきませんでした。



陰と陽は、お互いに相手を見下していることが多いです。いじめの構図が陽→陰であることなど、顕在化しやすいため一方的なものだと思われがちですが、それは属性の問題です。大雑把に言うと陽は肉体的、陰は精神的にアプローチします。いじめの原因が身体的な理由であることや、部活の種類にも関連性を見出すことが出来ます。


陽にも「わかってる」奴はたくさんいるし、陰にも立場の低さをすべて人のせいにして自己陶酔に陥っている人がたくさんいます。大学時代の自分はまさにそうだった気がします。


言いたいことは、どちらにせよ、一方から他方を頭ごなしに批判し、自分はただその環境に甘んじている奴が一番ダサいということです。


何が役に立つのか、何に価値が置かれるのかはその時代とそこに生きる人々によって日々変化していきます。その価値の軸を見極め、創造していくことが大事だと思います。


例として私の学生時代について書きましたが、同じような人はたくさんいると思います、何はともあれ、自分が陰と陽どちらであるかどうかは関係なく、変化を恐れて自分の信じる価値の軸にだらだらしがみついてないか考えてみてもいいと思います。


説教できる身分ではない私からの提言ですので、軽く流してくれると幸いです。


ほんとうに余計なお世話ですね。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikukorokke.blog118.fc2.com/tb.php/12-3d4fe60d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

プロフィール

人生

Author:人生
サイケデリックでフォーキーな音楽が好きです。

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。