Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikukorokke.blog118.fc2.com/tb.php/9-c6f746a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ヲタク

映画って好きですか?という問い。


まああんまり嫌いな人はいないですよね。見たことないなんて人もきっといないでしょう。誰もが思い出の映画の一つや二つあるものです。


ただ、アトラクションとして映画を消費する人が大半ですよね。コンテンツとして能動的に映画を摂取し語れる「映画好き」はいますか?


大学時代、気づくと周りには「映画好き」ばかりでした。 気づいた時にはもう遅かった。


当初私は映画は好きではないからあまり見ない、としていました。それは本当です。


人より脳の情報処理速度が遅いというか、もっと正確に言えば入り口が狭いんですよね。ゆっくり入れないとすぐにパンクしてしまう。消化も遅い。ちなみに胃の消化もほんとに遅い。


映画はとにかく情報が多いんです。あと情報が入ってくるスピードのイニシアチブをとれない。役者の演技、そもそもの脚本(ストーリ)とその背景、セリフとその口調や撮影技術、そんでもって音楽まで。かといってその意図を汲もうと考える暇は与えてくれない。見ている人なんかほったらかしです。私のような人間は。


それゆえに説明的。私にしてみれば。もちろんほのめかしてはいるけれど、それこそ原作がある映画なんか、さっき挙げた通り情報の絶対数が多いんだから、原作と比較すると必ずより説明的になりますよね。これはしょうがない。でもだから、そことの齟齬が起こるんじゃないですか。


そもそも同じ話を違う人が作るって変な感じですよね。まあでもこの辺は難しいところで一概に否定はできませんが。


私は次元を落とした原作の方が好きです。頭の中で、自分監督で映画化してる気もします。




とは言ってみたものの、何も知らずそんなことを言うのは説得力に欠けるな、と思い「映画好き」を始めてみることに。


その際大活躍だったのが「Filmarks」というスマホアプリ。やってる方も多いかと。

aaa.jpg

大体の映画が検索でき、映画ごとにユーザーのレビューと採点が見れるという単純なつくりですが、TLは戦。用途を映画に絞ったSNSだからそうなるのも当然。センスの誇示、の応酬。(穿りすぎ)


なるほど。みんなここで切磋琢磨していたのか。からくりさえわかれば、と意気揚々とスタート。


とりあえずレビューの高い大名作を一通り見て足掛かりをつかもうといくつか借りて鑑賞。


近所のゲオでたまたま目に留まったのが「トレインスポッティング」。完全に選曲で決めた。


我ながら本当の意味での「映画好き」デビュー作がトレインスポッティングとはやるな、と自画自賛しているところです。なにこれ、めっちゃ面白いじゃん。と。


他の人のレビュー見ても、案外評価はまちまち。当たり前だけど。過激描写の耐性が強いことにも気づいた。それは次に見たキューブリックの「時計じかけのオレンジ」で確信に変わった。


あれ、案外いけるぞ。しかも映画って面白いやつは流石に面白いわ。単純な思考でした。



あとは映画に造詣が深くないことを言い訳にせずしっかりレビューを書くようにしたことは我ながら見事だ。とまた自画自賛。


勢いがついてさらに10作くらい見た。ついに映画にも進出だ―!



・・・・しかしある程度観て調子に乗った私はいったん小休止。そしてよくよく友人たちの記録を見ていると、Filmarksをやっている人全員が私の二倍近く映画を観ていること、当然私の観たものはとっくに鑑賞済み。極めつけは、Filmarksをやっていない、私が「勝っている」と思い込んでいた友人のアイコンが、「時計仕掛けのオレンジ」だったと、気づいた。だいぶ前からだ。



みんな一体いつの間に。どこにそんなモチベーションが。


私が映画についてたらたらと御託を並べていた間に、ずいぶんと距離をあけられていたことを知る、このむなしさ。


「無知の知」を座右の銘に掲げる筆者にあるまじき失態。えげつなくダサい。


その時偶然にも、あるツイートが目にはいった。


「ヲタクというのは保守的なところはとことん保守的で、要するに視野が物凄く狭い。面白いのは、というか面白がってもしょうがないけど、彼らは自分たちが深いと思っているので、=詳しいと思っていて、自らの狭さに無自覚なんだわね。」


ガシーンときた。自分ではないか。まるっきりこれじゃん。ヲタクじゃん。


頭ごなしに、否定的に「ヲタク」ということばを使っているわけじゃない。アイドルヲタクをどっぷり二年間経験した私であるので一次的な偏見はない。むしろ経験したからこそ、そのうえでの「よくないヲタク」の一面がこれだ。わかっていたはずなのに。


改めねば。「無知の知」でもって、謙虚に映画と向き合あおう。そう誓ったのだった。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikukorokke.blog118.fc2.com/tb.php/9-c6f746a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

プロフィール

人生

Author:人生
サイケデリックでフォーキーな音楽が好きです。

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。